2011年06月01日

僕らのための音楽

・・・というタイトルのイベント(iMAGINATIONS 出演)に子ども二人連れて行ってきました。

久々のバンド編成ということで、楽しみにしてました〜。

イベントの相方は高野健一さん、正統なポップソングだなあというのが聞いた印象。お客さんも楽しげでノリノリでした。(前に、iMAGINATIONSのバースデーライブにゲストで来てました)

SET LIST
1.日曜日
2.さよならイエスタディ(8ビートになってた)
3.ハルモニア
4.レター
5.忘れてしまえば(レゲエバージョン)
6.green
7.サンシャインラブ
8.新世界紀行
9.君に会って
en.上を向いて歩こう(with 高野健一/Allen Hills)

やっぱりバンド編成だと音が厚くて聴いてて楽しいという感じが増えるなあ。しっとり聞かせる系ではなく、うちからはじける感じというか。特に新世界紀行は、バンド編成が似合う曲だと思っていたのにバンドで聴いたことがなかったのでとても楽しかった。

上を向いて歩こう、は、イベントの対バンメンバーと。「男だったら、泣くときは一人で、だと思うんだよね」という義樹さんの解釈を聞いて、息子が「俺に説教されてるみたいだと思った」って言ってたのが受けた・・・そうだよ、人前で泣いたらだめなんだよ、男は(笑)。

いやあ、しかし、楽しかった!全曲新アレンジで本当良かった♪

満員で、座る場所がばらばらになってしまったのだけど、ぷぷたは義樹さんのお姉さんという方の横に座らせていただきました。なんだか相手をしていただいたようです。お世話になってしまいました(確かにめっちゃ似てました・・・)。

CANNABISのカーチンやmario mandaraさん、Tajaも会場にいましたですよ。カーチンとTajaさんは一緒に歌ってくれるのかなーって期待していたのですが、そうではなかったでした。

久々にバンドメンバー、フルでそろった楽曲を聴けて超楽しかったです。子どもたちもほとんど知ってる曲ばっかりだったので大満足のようでした。良かった良かった♪

posted by あーる at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER SOUL SONICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。