2011年01月05日

2010年12月に読んでいた本

子どもにお願いされて、都会のトム&ソーヤを読んでます。
はやみねかおるのほかの作品も大人買いさせられた・・・(本ならいくらでも買ってあげるなんていうんじゃなかった・・・)

12月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2466ページ

都会のトム&ソーヤ (3) いつになったら作戦終了?     YA! ENTERTAINMENT都会のトム&ソーヤ (3) いつになったら作戦終了? YA! ENTERTAINMENT
テンポがますます良くなってきたなあ。あと、謎の集団も出てきて、ますますの盛り上がりを見せてます。でも、まだおばあさまズも出てこないし核心はこれから!?子どもと一緒に楽しんで読んでまーす。
読了日:12月24日 著者:はやみね かおる



都会のトム&ソーヤ (2) 乱!RUN!ラン!     YA! ENTERTAINMENT都会のトム&ソーヤ (2) 乱!RUN!ラン! YA! ENTERTAINMENT
二人の掛け合いが面白くなってきたなあ。キャラがしっかり立ってきた感じ。楽しく読めました。しかし、この話を真に受けて、息子が傘のビニールやガムテープをロープにしてダイブをはじめそうで怖い・・・。
読了日:12月21日 著者:はやみねかおる

チーム (実業之日本社文庫)チーム (実業之日本社文庫)
「箱根駅伝」は無条件で手にとってしまうのだが、これは当り!面白くて、はらはらして、手に汗握って・・・読みながら一緒に嬉しくなり、悔しくなり、時に選手に、時に沿道の観客になって楽しめた。4人に絞って書かれているので、だれた感じも無かったし、学連選抜という題材も、興味を持って読むことが出来た。特に好きなのは山登りの描写。どこで仕掛けるのか、仕掛けた後の心理はどうなのか、自分のタイムはどうなのかという不安。その中で沿道に自分のチームメートを見つけた喜び。やっぱり良いなあ、箱根駅伝、としみじみ思わせられた快作。
読了日:12月21日 著者:堂場 瞬一

都会のトム&ソーヤ(1) (YA!ENTERTAINMENT)都会のトム&ソーヤ(1) (YA!ENTERTAINMENT)
小4の息子がはまったので、一緒になって読んでみました。大好きな西炯子がイラストだし♪。話は本当、わくわくさせられるような冒険の話。台詞回しも面白いし、キャラも素敵。中でもナイトのおばあちゃんがすごく魅力的だなあ〜。早く出てこないかしら。ゲームの攻略本を読んでいる息子に、創也が言ってた言葉(「攻略本を読んでゲームをするやつは、本当のゲームの楽しさを知らない」)を贈ったところ、攻略本無しでやるようになりました(笑)。親子で楽しむのにもすごく良い、楽しめる一冊だと思います。
読了日:12月16日 著者:はやみね かおる,にし けいこ

夏から夏へ (集英社文庫)夏から夏へ (集英社文庫)
一瞬の風になれ、が、とてもとても好きだったので、購入しました。選手一人一人のキャラクターをしっかり捕らえて描写しているところはさすがです。北京Olympicで銅を取ったところまで書いて欲しいなあ。
読了日:12月14日 著者:佐藤 多佳子

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (100周年書き下ろし)ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (100周年書き下ろし)
これもまた格差の話だったのかなあ。こんな風にお互いに相手のことを考えて、見下したりくっつきあったりするものなのかな・・・。「太陽の坐る場所」でも描かれていたけど、東京に出て行ったから偉いってもんでもないし、地方で結婚したから駄目だってわけではないだろうに、なんだかそういう風に作者の意図を汲んでしまうのはうがち過ぎなんでしょうか。 ・・・みずほガチエの母親に抱く思いや、自分の親に抱く割り切れない気持ちがリアルでした。娘をもつ母として踏み込んではいけない部分があること、心に留めておこうと思います。
読了日:12月08日 著者:辻村 深月

ふちなしのかがみふちなしのかがみ
プチホラーの短編集。最初の話を子どもに聞かせたら、トイレにいけなくなって困った(^^;)。怖いのは人間の方なのに・・・。 ブランコをこぐ足で「いけてる方」と「いけてない方」に無意識に分類されてしまうクラスの構造が怖いと思った。友達と喧嘩したことをすごく悩んで、「なんだかもういやだ」と、絶望を感じて、全てを投げ出してしまいたくなる・・・そうしたら、喧嘩した相手はどう思うだろう、なんて、あの妄想の感じを思い出させられた。朝が来たら簡単に仲直りできて拍子抜けしたこと、そのあたりのリアルさが私にはツボだった。
読了日:12月08日 著者:辻村 深月

読書メーター
posted by あーる at 00:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。

分かる!
私も「本なら何冊でも買ってあげるよ」といって後悔したクチです(--;
Posted by さとちん at 2011年01月07日 13:26
さとちん様

あけましておめでとうございます。
今年も、さとちんさんのブログ、楽しみに読ませていただきます♪宜しくお願いします。

自分の発言には責任を持たないと・・・と思いつつも、余りにも沢山で悲鳴を上げています。あーあ。
Posted by あーる at 2011年01月07日 13:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/178495825
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。